読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gblog

おもにTips

AWR SQL report で何が見えるのか?

AWR report (awrrpt.sql) だと、SQL 単位の情報は SQL ordered by * のセクションでしか確認できない。

 

AWR SQL report (awrsqrpt.sql) だと

  • 実行計画(Execution Plan)
  • 実行統計(Plan Statistics)

などが確認可能。期間中に複数プランがあればまとめて出してくれます。

でも、待機イベントは見えない。待機イベントが紐づけられるのは ASH だけだから。

 では、ASH report (ashrpt.sql) ではなにが見えるかというと?

  • Top User Events
  • Top Background Events
  • Top Cluster Events
  • Top Event P1/P2/P3 Values
  • Top SQL with Top Events
  • Top SQL with Top Row Sources
  • Top SQL using literals

などなど。

一定期間の ASH情報のサマリをだしてくれるイメージ。使い勝手は微妙。

report type と begin time, duration を入力すればとりあえず出力はできますが出力内容は若干上級者向き。

SQL が特定できていて、過去のデータを分析したいなら、DBA_HIST_ACTIVE_SESS_HISTORY を直接みて分析するのがいいのでは?と個人的には思います。