読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gblog

おもにTips

AWRで性能分析するための準備

ORACLE

ちょっと用事があったのでまとめます。

AWRの保持期間を変更して、(しばらく運用してから)awrextr.sql で別環境に移行することを想定。

容量のチェックとか必要そうなポイントをまとめました。

 

1. AWRで使用している領域の確認

SQL> select SCHEMA_NAME, trunc(SPACE_USAGE_KBYTES/1024,1) "SPACE_USAGE_MB"
  2    from v$sysaux_occupants
  3   where OCCUPANT_NAME='SM/AWR'

SCHEMA_NAM     SPACE_USAGE_MB
---------- ------------------
SYS                       472

 

2. SYSAUX の空き領域の確認

SQL> select
  2      round(f.free/1024/1024, 1)      FREE_MB,
  3      round(t.total/1024/1024, 1)     TOTAL_MB
  4   from
  5      (select sum(bytes) total  from dba_data_files where tablespace_name='SYSAUX') t,
  6      (select sum(bytes) free   from dba_free_space where tablespace_name='SYSAUX') f
  7  /

   FREE_MB   TOTAL_MB
---------- ----------
     164.6       1230

 

3. SYSAUX が足りない場合は、自動拡張も確認。

SQL> select
  2      file_name,
  3      round(bytes/1024/1024,1)  BYTES_MB,
  4      autoextensible,
  5      round(maxbytes/1024/1024,1)  MAXBYTES_MB
  6    from
  7      dba_data_files
  8   where
  9      tablespace_name='SYSAUX';

FILE_NAME                     BYTES_MB AUT MAXBYTES_MB
--------------------------- ---------- --- -----------
.../sysaux01.dbf                1230 YES       32768

 

 4. AWRの設定を確認

SQL> select dbid,snap_interval, retention from dba_hist_wr_control;

      DBID SNAP_INTERVAL             RETENTION
---------- ------------------------- -------------------------
9999999999 +00000 01:00:00.0         +00008 00:00:00.0

 

5. 設定変更

保持期間(RETENTION) や SNAP間隔(INTERVAL) を変更できます。以下は、保持期間を30日に変更しいます。

SQL> BEGIN
  2    DBMS_WORKLOAD_REPOSITORY.MODIFY_SNAPSHOT_SETTINGS
  3      (retention => 43200, interval=> 60);
  4  END;
  5  /

PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

 

6. awrextr.sql 用にディレクトリ作成

SQL> create or replace directory TMP_DIR as '/tmp';

ディレクトリが作成されました。

 

7.awrextr.sql で抽出

SQL> @$ORACLE_HOME/rdbms/admin/awrextr.sql

入力項目は、、、、

  • dbidに値を入力してください:
  • num_daysに値を入力してください:
  • begin_snapに値を入力してください:
  • end_snapに値を入力してください:
  • directory_nameに値を入力してください:
  • file_nameに値を入力してください:

こんな感じ。

 

他に確認しておくポイントはないかなぁ・・・。

なにかあればアップデートします。